読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

games555

楽しくゲームをするヒント。

Fallout4 survival で最初からプレイの雑感

www.youtube.com

DLC第三弾の「Far Hobar」や新サバイバルなどを従来のデータでやってみたのですが、さすがにレベル120まで上がっていて、体力自動回復パークまで取得しているとほとんど苦労無くプレイできて歯ごたえは無いですね。

という事で新サバイバルで最初から遊んでいます。
結局、薬漬け状態で強敵とは戦っているので、旧サバイバルと戦闘などは変わらないかも知れません。
ただしまだ中盤にも到達していないからかも知れませんが、火炎瓶やフラグ、地雷などが即死級ですので油断してるとすぐ殺されます。
その他、食事や水分補給しないとAP最大値が減少していったり、健康管理不足で衰弱状態になれば被ダメージが跳ね上がるし意外とやることが多くてストーリーを進めることは言わずもがな、隣のロケーションに進むのも大変だったりする場合もあります。

とにかく持ち運びの重量制限が序盤はかなりキツ目。
ファストトラベル出来ずセーブは寝床だけと、デスペナルティが面倒くさ目なので、必然的に居住地を充実させながら少しづつ安全に行動出来る範囲を広げていくリソースコントロールプレイが重視されます。

放射能汚染されている農作物を割り切って食えれば毎日の食事の苦労は減りますが、RAD抜きの為に居住地に医者屋台を配置する必要があります。
意外と苦労しているのがキャップ稼ぎ。勿論「水」商売は出来ますのでやればいいのですが、今のところやっていないので面倒です。
しかし居住地に医者→飲食店→武器商人と、水や農作物などの生産品を売ってキャップを稼げるトレード先をどんどん確保しないと、セーブが寝床オンリーで、FT出来ない仕様からそこら中を歩き回っているので、何日たっても敵が再配置されないという風に敵対的な対象からの資源獲得も難しくなってきます。
そうすると、いらない改造武器などを拾って銅やねじ、ギアなどの希少素材を入手することもままなりません。色々な薬品材料に使えるスティムパックの素材などを商人から入手するのも金欠で面倒になります。
やはり新サバイバルもキャップがあれば色々楽になるところは変わっていません。

料理すると放射能が消えるゲームですので、料理用の食材を確保するのも重要です。
非効率ではありますが、「Wasteland Workshop」で追加された檻(罠)を使って、野生生物からを取得することも出来ます。

ですが罠で捕獲すると檻は壊れてしまうので、再度利用できるよう餌、銅(修理で必要なのはごく少量)、その他希少素材などは常に確保する必要に迫られます。

ですが餌はサイクル的に回収可能ですので、銅などは武器商人を常駐させて改造パイプ銃を購入し、分解から確保するのが楽でしょう。

・餌のサイクル
にんじん(収穫できる)→ラッドスタッグの檻(ラッドスタッグの肉)→ヤオ・グアイの檻(ヤオ・グアイの肉)→デスクローの檻
というような感じです。
ヤオ・グアイやデスクローは自分のレベルよりはるかに強い固体が捕まえられることばかりなので注意して下さい。
また、野生動物用の罠をはると、その動物が居住地をちょくちょく襲うのでそれも知っておいた方が良いと思います。

結論から言うと、新サバイバルは面白いです。